一度選択したら変更できない贈与税の課税方法...相続時精算課税とは? 名古屋市名東区根本税理士事務所

JUGEMテーマ:税理士事務所

 

こんにちは!

根本税理士事務所です。

 

 

今回紹介するのは

贈与税の課税方法」です。

 

 

 

人から財産をもらった際にかかる贈与税ですが、

贈与税には課税方法が2種類あります。

 

前回で暦年課税は紹介したので

今回は、相続時精算課税を紹介します。

 

〇相続時精算課税

この制度は、原則として60歳以上の父母又は祖父母から

20歳以上の子又は孫に対して

財産を贈与した場合において選択することができます。

 

この制度で控除できる金額は2,500万円と高い金額ですが、

一度選択すると暦年課税に変更することができません。

 

また、毎年その贈与者から受けた財産の金額を

翌年の2月1日〜3月15日までの間に一定の書類を

添付し申告書を提出する必要があります。

 

更に相続時には

その贈与者から複数年にわたり受けた財産の合計額から

2,500万円を差し引いた金額に対して

一律20%の税率を乗じて算出します。

 

 

 

つまり、暦年課税と異なり注意してほしい点は3つです。

 

〜択する際に年齢の条件がある

⊃醜陲毎年必要

0貪拜択すると変更できない

 

 

選択に迷われたらぜひ、お気軽にご相談ください!

 

 

=================================

 

根本税理士事務所で

インターンシップに挑戦したい方、随時募集中!

 

詳しくはこちらへ↓

TEL:052-705-1051

 

税務のことなら!根本景子税理士事務所

 

本社:愛知県名古屋市名東区高針原1−1305番地
TEL:052-705-1051

FAX:052-705-1050

 

HP :http://www.nemoto-zei.com/index.html

 

根本税理士事務所のFacebookはこちら>>

 

==================================