スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

個人事業と法人のちがい◆〔掌轍飴毀湘豢荳本税理士事務所

JUGEMテーマ:税理士事務所

 

 

こんにちは。

根本税理士事務所の益田です。

 

今日は前回に続き

個人事業と法人のちがいをご紹介します。

 

今回は税金計算の上での違いについて

お話しをします!

 

実際に収める税金の種類についてご説明すると

かなり長くなってしまうので

今回は割愛させて頂きます。

 

 

実際に税金計算をするうえで

私が大きな違いだなと思ったのは、

法人の場合には経営者に給与の支払いができることです。

 

給与支払が出来るとなぜいいのかを

かなり大雑把に説明します。

 

個人事業主の方は売上から経費を引いたものが所得になり

その所得を基に確定申告を行います。

 

 

一方法人の場合は

売上から経費を引き、残った利益に対して課税されるのですが

経費の中には経営者の給与も含まれています。

そして給与を受け取った経営者は

給与所得控除も使うことが出来ます。

 

 

簡単な図で表すと以下のようになります。

給与の支払いに関して必ずしも

法人の方が節税になるとは限りませんが、

法人を設立した方が節税になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

法人を設立した方が良いのか?

法人を設立する場合と、そのまま個人事業を続ける場合とでは

何が変わってくる?

等のご質問や疑問は

根本税理士事務所へご相談下さい。

 

 

=================================

 

根本税理士事務所で

インターンシップに挑戦したい方、随時募集中!

 

詳しくはこちらへ↓

TEL:052-705-1051

 

税務のことなら!根本景子税理士事務所

 

本社:愛知県名古屋市名東区高針原1−1305番地
TEL:052-705-1051

FAX:052-705-1050

 

HP :http://www.nemoto-zei.com/index.html